アクセス集計
sponserd link
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
profile
new entries
links
BlogPeople
categories
archives
recent comment
recent trackback
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
sponserd link
フェリシモ「コレクション」
<< 冷めた視線 | main | 男の子、女の子 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

男のロマン、女の現実

男の方が圧倒的にロマンチストであり、子供であり、無駄なことに労力を注ぐ。—どうでしょうか?これは疑いようのない事実だと思います。まあ個人差はあるだろうけどね。決してロマンがあるからいい。現実ばかり見てるからダメだ。というお話ではないので誤解なきようにお願いします。
で、これってどうやら小さいころからそうみたいですね。大人、子供にかかわらず、やっぱり男は無駄で非生産的なことが大好きなんだと思います。男の子と女の子をみてると実感します。

「カブトムシ」——カブトムシは雑木林や常夜灯の付近にはいない。世界に広く分布しないが、日本には特に分布していない。飼育は難しく、6月から8月には多くの新成虫がモグラに食べられたり、カラスに食べられる。

休日に息子が(赤ちゃんに見せつけるように)私のヒザの上で昆虫図鑑を声に出して読んでいます。くだらない(笑)あまりにもくだらないので、ついつい一緒になって笑ってしまいます。
本の読み聞かせをしてたような時期でも、わざと間違えて読んでやるとゲラゲラ笑って喜んでいたような記憶があります。だけど、赤ちゃん(♀)は違います。わざと間違えて読むと、怒る。「ちがうってば!」「ぱぱ ちゃんと よんで」
個人差もあるんでしょうけどね。お風呂なんかでもそうです。お兄ちゃんは、「水遁 水龍弾!」などと叫んで湯船のお湯をバシャバシャやってる。くだらん(笑)こっちもやっぱりあまりにも、くだらないので、ついつい「じゃあ大瀑布の術だな」とか言いながら洗面器で頭からお湯をかけてやると、これまた喜びます。赤ちゃんは、というとママの見様見まねでお茶わん洗いの練習です。シャンプーのボトルを泡まみれにしてはお湯で流すということを一生懸命やってます。たまに「水龍弾!」が飛んでくると怒りますが。

女性の方が圧倒的に大人だってことになるでしょうかね。ぼんずにはこれからもいっぱ馬鹿で無駄で非生産的なことをいっぱやって成長してもらおうと思ってます。

at 15:32, おやじ, 育児

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 15:32, スポンサードリンク, -

-, -

comment
しらす, 2006/04/14 10:20 PM

いや〜うちの息子も確実に、変な事が大好きですね〜
うちの旦那が世にもおかしすぎる顔をしたらもう笑ってました。
1才3ヶ月にしてお笑い好き・・・
おかげで私も変な踊りを踊ったり・・・(・_・;)
性別の違いってあるんでしょうね〜
次、女の子ができたら、面白いかもしれませんね〜☆

管理者, 2006/04/15 12:43 PM

こんにちは
確かにおかしなことが好きですよね
小さい時から、笑えないダジャレを言ってた記憶があります。
で、下の女の子はおにいちゃんを見てしっかりと学習します。
「こんなこと したら おこられるんだ」
「こうやれば ほめられる」
なんてね。きっとそうです。賢いですよ。










trackback
url:http://akatyan.jugem.jp/trackback/46